アニメ・漫画・キャラクター

ドラえもん歴代声優の舞台裏!交代の理由と現在

※このページにはプロモーションが含まれています

ドラえもんの歴代声優や彼らの活躍を紹介するこの記事は、アニメ好きにはたまらない興味深い内容です。さらに、それぞれの声優が交代する理由や現在の活躍についても説明しています。具体的には、以下のポイントが押さえられています。

ポイント

  • ドラえもんの声優 初代「富田耕生」の活躍と交代の理由
  • ドラえもんの声優が変わった!二代目はなんと野沢雅子
  • 大山のぶ代が演じた時代: 日本中を感動させた名演
  • 今のドラえもんの声優は「水田わさび」

この記事を読むことで、ドラえもん歴代声優の変遷や彼らがどのような経緯で交代していったのかを理解できます。また、現在のドラえもん声優がどのようにして成長し、そのポジションを維持しているのかもわかります。是非、最後までお読みいただき、ドラえもんファンになるきっかけを見つけてください。

ドラえもんの歴代声優は?交代の歴史と現在の声優は?

『ドラえもん』の歴代声優とその交代の理由について紹介します。2005年にメインキャストが一斉交代しましたが、実はそれ以前にも交代があったのです。ここでは歴代声優の一覧を紹介し、声優交代の理由や現在の様子についても触れていきます。

ドラえもんの声優 初代「富田耕生」の活躍と交代の理由 (1973年1回~13回放送分)

「ドラえもん」で最も有名な声優といえば大山のぶ代さんが思い浮かぶかもしれませんが、実は彼女は三代目であり、初代は富田耕生さんでした。富田さんは1936年生まれの東京都出身で、声優、俳優、ナレーターとして幅広く活躍しました。特に1973年にドラえもんがアニメ化された際、初代ドラえもん役を務めましたが、残念ながら現存する映像作品では、富田さんが演じたドラえもんは確認できません。

富田さんは他にも手塚治虫作品や赤塚不二夫作品に出演し、「平成天才バカボン」では主要キャラクターであるバカボンのパパ役も務めた経歴を持っています。

富田耕生 主な出演作品

  • 平成天才バカボンのパパ役 (1990年)
  • 名探偵ホームズのワトソン役 (1984年)
  • 鉄人28号の大塚署長役(テレビアニメ第1作) (1963年)

ドラえもんの声優が変わった!二代目はなんと「野沢雅子」(1973年14回~1973年放送終了まで)

ドラえもんの声優が変わり、二代目は野沢雅子さんが務めました。野沢さんは1936年10月25日生まれの東京都出身で、富田耕生からバトンタッチして2代目ドラえもんとなりました。

彼女は多くの代表作を持つ有名な声優で、『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎や『ど根性ガエル』のヒロシが有名です。特に『ドラゴンボール』シリーズで、主人公の孫悟空、息子、孫の3世代を演じていることで知られています。

初代ドラえもんの富田さんは男性で、子供たちに寄り添う声というよりは、少し硬いイメージがあったようです。そこで、より幅広い年齢層に受け入れられる声として野沢さんが起用されました。彼女によってより多くの人に愛されるようになったドラえもんは6年間続き、その後も声優が引き継がれていきました。

野沢雅子 主な出演作品

  • ゲゲゲの鬼太郎の鬼太郎役 (1968年)
  • あらいぐまラスカルのラスカル役 (1977年)
  • 銀河鉄道999の星野鉄郎役 (1978年)
  • 怪物くんの怪物くん役(テレビ朝日版) (1980年)

「大山のぶ代」が演じた時代: 日本中を感動させた名演 (1979年~2005年)

ドラえもんの三代目声優として野沢さんからバトンタッチしたのが、大山のぶ代さんです。彼女の演じたドラえもんは名演と言われ、多くの人に愛されたキャラクターとなりました。

ドラえもんは大山さんの代名詞といっても過言ではなく、彼女は他の声優業をすべて断ってドラえもんに専念していたそうです。大山さんは最初は女優としてデビューし、徐々に声優としての活躍も増やしていきました。

ドラえもんの声はほぼ地声で演じていた大山さんは、自分の声にコンプレックスを感じていましたが、原作者の藤子・F・不二雄さんが彼女の演じるドラえもんの声を聞いて感動し、大山さんは自信を取り戻しました。

大山さんは子供たちにも親しみやすい声でドラえもんを演じるため、「ぼく」という一人称を使い、柔らかくおっとりしたイメージを確立しました。彼女の演じたドラえもんは、日本中を感動させる名演となりました。

大山のぶ代 主な出演作品

  • のらくろののらくろ役 (1970年)
  • サザエさんの磯野カツオ役 (1969年)
  • ハリスの旋風の石田国松 (1966年)
楽天ブックス
¥5,060 (2024/04/16 18:11時点 | 楽天市場調べ)

今のドラえもんの声優は「水田わさび」(2005年~現在)

ドラえもんの現在の声優、水田わさびさんは、四代目として大山のぶ代さんからバトンを受け継ぎ、2005年から見事に役を務めています。生まれは1974年8月4日、三重県出身。水田さんは以前からドラえもんの作品でゲストキャラクターを演じていましたが、ついにドラえもん役に抜擢されたのです。

先代の大山さんから「私の声に似せる必要はない」と言われていた水田さんですが、プレッシャーは相当なものだったと思われます。しかし水田さんはそのプレッシャーに打ち勝って、2桁の年数を経て、新世代のファンにとって「ドラえもん=水田わさび」として定着しています。

声優デビューは1996年の『トイレの花子』の上岡山大介役で、その後も『ヒカルの碁』の福井雄太役や『あたしンち』の川島役などを演じるなど、幅広い活躍を見せています。

水田わさび 主な出演作品

  • 金田一少年の事件簿の黒木田紅子役 (2000年)
  • お伽草子の金太郎役 (2004年)
  • こてんこてんこのねこうもり役 (2005年)

ドラえもんの各キャラクターの歴代声優をすべて交代

ドラえもんは、藤子・F・不二雄が生み出した国民的アニメで、1973年から放送開始され、現在も続いています。そんなドラえもんにも、歴代の声優が何度か交代しています。

ここでは、ドラえもんのキャラクターそれぞれの歴代声優を紹介します。また、声優の交代に至った理由にも触れていきます。この機会に、ドラえもんの歴史を振り返ってみてはいかがでしょう。

ドラえもんの声優交代はなぜ?総入れ替えされた理由

ドラえもんの歴代声優を一覧でお届けしたいと思いますが、さて、なぜ多くの声優へと交代していくきっかけ・理由は何だったのでしょうか?ドラえもんは、第1期(1973年)、第2期(1979年4月から2005年3月まで)、第3期(2005年4月〜現在)の3つに大きく分けることができます。

初代・ドラえもんの富田さんから野沢さんに変わった理由ははっきりしていませんが、第1期と第2期、第2期から第3期と、節目に全員の声優が交代したことがわかっています。

第2期(歴代最長)の交代は、レギュラー声優陣が体調不良で休み、代役が発生するという事態がたびたび起こっていたためです。そして、一番の理由は主要キャスト陣の高齢化。大山のぶ代さんは大病患い、自ら降板を申し出たことで、2005年と同時に声優陣総入れ替えがおこなわれました。

声優交代時のファンの驚きと悲しみの声

国民的アニメとも言える『ドラえもん』は、長い期間のなかで様々な声優がメインキャラクターを演じてきました。40年以上も続くドラえもんですが、アニメの声優は初代より何回か交代しているのです。声優陣の交代理由については、声優の高齢化が挙げられます。

26年間という歴代最長の長さでメインキャストを務めた第2期の声優陣でしたが、終盤は体調不良で休むことが多くなり、代役が発生する状況になっていました。そんな中、大山のぶ代さんが2001年に直腸癌を患い、自ら降板を申し出ます。その後、他のメインキャスト陣も含めて長期間にわたって極秘裏に話し合いが持たれ、2005年に同時に降板、メインキャストを一新することになりました。

ドラえもん歴代声優の舞台裏!交代の理由と現在:まとめ

この記事をまとめると、

ポイント

  • ドラえもんの歴代声優や彼らの活躍を紹介
  • 初代声優は富田耕生であること
  • 二代目声優に野沢雅子が起用された経緯
  • 大山のぶ代が三代目声優として名演を残したこと
  • 現在の声優は水田わさびであること
  • 各声優が交代した理由についての解説
  • 富田耕生の他の主な出演作品
  • 野沢雅子の代表作と役柄
  • 大山のぶ代のドラえもん以外の代表作
  • 2005年の声優一斉交代の背景
  • 高齢化による声優交代の必要性
  • ファンの間での声優交代時の反響

-アニメ・漫画・キャラクター
-, , , , , ,